メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > くらしの情報 > 消防・防災・危機管理 > 災害対策・防災 > 「警戒レベル」を用いた避難勧告等の発令について

「警戒レベル」を用いた避難勧告等の発令について

更新日:2019年7月10日

避難勧告等に関するガイドラインの改定

平成30年7月豪雨を教訓として、国において避難対策の強化の検討が行われました。

そこで、災害発生の危険が高まったときに、危険度がわかりやすいよう「避難勧告等に関するガイドライン」が改定されました。

避難情報等と災害時にとるべき避難行動

災害が発生又は発生するおそれがある場合、五島市や気象庁等は避難情報等を発令・発表し、避難のタイミングをお知らせします。災害に備えて、各段階でとるべき行動をチェックしてください。

レベル とるべき行動 避難情報 防災気象情報等
警戒レベル5 命を守るための最善の行動をとる。
  • 災害発生情報
  • 大雨特別警報 など
警戒レベル4 速やかに避難先(指定避難所、マイ避難所等)へ避難する。
  • 避難指示(緊急)
  • 避難勧告
  • 土砂災害警戒情報 など
警戒レベル3
  • 避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)は避難を始める。
  • その他の人は、避難の準備を始める。
  • 避難準備・高齢者等避難開始
  • 大雨警報
  • 洪水警報 など
警戒レベル2 避難に備え、自らの避難行動を確認する。 -
  • 大雨注意報
  • 洪水注意報 など
警戒レベル1 災害への心構えを高める。 -
  • 早期注意情報
  • 注1:「防災気象情報等」のうち、レベルが3以上のものについては、「警戒レベル相当情報」として、とるべき行動を判断する際の参考情報として、気象庁等から発表されます。
  •  注2:五島市が発表する「避難情報」については、様々な情報をもとに発令する判断を行います。必ずしも「防災気象情報等」と同じレベルの「避難情報」が、同時に発令されるわけではありません。
  • 注3:警戒レベル4「全員避難」の際、基本的に「自宅が安全だと感じる人は避難の必要はありません」。無理に避難所に移動することで、かえって危険な状況になる可能性もあります。
  • 注4:すでに周辺で災害が発生していたり、避難場所への移動がかえって命に危険を及ぼしかねない状況と判断したりした場合は、次のような行動をとりましょう。
    1. 屋内安全確保:自宅の2階以上で、崖や沢からできるだけ離れた場所に移動するなど、少しでも命の助かる可能性が高い安全確保行動をとりましょう。
    2. 近隣の安全で丈夫な建物への緊急避難。
  • の画像

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 総務課 危機管理班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6110
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?