メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > しま自慢 > 市のプロジェクト > 五島列島ジオパーク推進協議会 > 五島列島ジオパーク構想の見どころ

五島列島ジオパーク構想の見どころ

更新日:2021年5月7日

ジオパークでは、まずそのジオパークの見どころとなる場所を「ジオサイト」に指定して、多くの人が将来にわたって地域の魅力を知り、利用できるよう保護を行います。その上で、これらのジオサイトを教育やジオツアーなどの観光活動などに活かし、地域を元気にする活動や、そこに住む人たちに地域の素晴らしさを知ってもらう活動を行います。
(日本ジオパークネットワークのホームページより)

五島列島は、約2200~1700万年前に大陸から流れてきた砂や泥が堆積した「五島層群」と呼ばれる地層を基に、その後の断層活動や火山活動の影響を受け、現在の姿になっています。これら地球の活動の痕跡を物語る重要な地質・地形など、五島列島ジオパーク構想の見どころとなる場所を、「ジオサイト(地質・地形)」、「自然サイト」、「文化サイト」の3種類に分類し、教育や観光での活用、保全に取り組んでいます。

ジオサイト(30か所)

五島列島の成り立ちを物語るうえで重要な地質・地形

代表的なサイト
  • 玉之浦の大断崖(大瀬崎など)
  • 細石流(ざざれ)の花崗岩類(久賀島)
  • 鷹ノ巣の柱状節理(椛島)
  • 野首(ノコビ)の断層(奈留島)
  • 鬼岳火山群(鬼岳、鐙瀬溶岩海岸など)
  • 嵯峨島(千畳敷、女岳海食崖など)
  • 山内盆地
  • 三井楽の砂浜海岸

自然サイト(11か所)

五島列島の成り立ちや大地の特徴に関連する貴重な動植物

代表的なサイト
  • 亀河原のヤブツバキ純林(久賀島)
  • 八朔鼻の海岸植物(岐宿)
  • 大瀬崎のハチクマの渡り

文化サイト(12か所)

五島列島の大地を活用し作り上げられてきた歴史・文化・暮らし

代表的なサイト
  • 石田城石垣・武家屋敷、富江陣屋石蔵
  • 遣唐使関連遺産(ふぜん河、岩獄神社など)
  • 水中遺跡群(堂崎遺跡、江湖遺跡など)
AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 政策企画課 ジオパーク推進班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6782
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?