メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > しま自慢 > しまの魅力発信 > 五島人 > 株式会社道脇農園 代表 道脇実喜夫さん(平成30年12月掲載)

株式会社道脇農園 代表 道脇実喜夫さん(平成30年12月掲載)

更新日:2019年2月19日

先祖代々受け継がれてきた農地の前に立つ実喜夫さんと長男の大輝さん。

農地を守り、地域を守る

火ノ岳のふもとに広がる、五島灘を望む場所が道脇さんの仕事場。

農家で生まれ育ち、子どもの頃から手伝っていた農業を、自然と将来の仕事として考えるようになっていました。

長崎県立農業経営大学校(現:長崎県立農業大学校)を卒業後、会社勤めを経て始めた農業は、今年で23年目。13ヘクタールの農地で、葉たばこを中心に、ばれいしょや高菜、スナップエンドウ、麦などを栽培しています。

農業は、収穫という喜びがある一方で、台風などの自然災害で育てた作物が被害に遭うこともあり、苦労が絶えない仕事です。しかし、「苦労も含め毎年変化があること、それにどう対応していくか考えることも農業の楽しみのひとつ」と前向きな道脇さん。

平成25年7月、経営を法人化するため、株式会社道脇農園を設立。将来に向け規模拡大や経営の安定を見据え、農作物の生産だけではなく加工品の製造・販売など6次産業も展開していきたいとの思いがありました。

法人化や規模拡大の原動力になっているのが、後継者の存在です。今春、長男の大輝さんが父と同じ農業大学校を卒業し、五島に帰ってきました。「跡を継いでほしい気持ちはあったけど、苦労も多い仕事。『農業をする』と聞いた時は、本当にうれしかった」と照れくさそうに話す道脇さん。

農業に精力的に取り組める理由に、奥様の千恵子さんの存在もあります。「文句も言わず一緒に作業をしてくれる。感謝の言葉しかない」。千恵子さんには機械を使った作業をさせないそうで、理由を聞くと「怪我をされたら困るから。大事にしないと」。多くは語りませんが、奥様を大切にされていることが分かる言葉です。

仕事以外でも、消防団や福江神楽など地域活動に積極的に参加。

祖父に教えられた「農家は農地を守る=地域を守る」の信念を胸に、先祖代々受け継がれてきた農地を次世代に引き継いでいくため、日々農業に取り組んでいます。

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 情報推進課 広聴広報班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6369
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?