メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > しま自慢 > しまの魅力発信 > 五島人 > 遣唐使と五島の関わりと伝えたい 櫻井隆さん(平成30年6月掲載)

遣唐使と五島の関わりと伝えたい 櫻井隆さん(平成30年6月掲載)

更新日:2019年2月19日

  • 自身の著書を両手に持った櫻井さん
  • 左から、みみらく雑稿。勝宝の遣唐使私考、亡き人に逢えるみみらく私考

五島市三井楽町出身で奈良県在住の櫻井隆さんが、自身4冊目となる著書「五島を通った遣唐使」を出版しました。

蜻蛉日記(かげろうにっき)で紹介された「亡き人に逢えるみみらくのしま」の意味を知りたいと思ったのが、三井楽の歴史や遣唐使の研究を始めたきっかけ。会社員時代から資料を収集し、勤務先を定年退職した平成20年から本格的に研究をはじめました。現在では、大学ノートで400冊分を超える資料があるそうです。

平成21年に、最初の著書「みみらく雑くさぐさ稿」を出版。3冊目の著書「亡き人に逢えるみみらく私考」は、三井楽(みみらくのしま)が国の名勝に指定される際、参考文献として使われています。

遣唐使船の中国大陸への航路で五島が過小評価されていることに疑問を抱いた櫻井さんは、これまでの研究の集大成として、「五島を通った遣唐使」を執筆。様々な文献や五島に残る遺跡、伝承などをもとに、遣唐使船が五島を最終寄港地として旅立ったとする根拠を示しています。

櫻井さんの著書には、故郷五島への思いと「遣唐使で果たした五島の役割りや五島が古代国家の建設に大きな影響を与えていること」を多くの人に伝えたいという願いが込められています

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 情報推進課 広聴広報班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6369
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?