メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > しま自慢 > しまの魅力発信 > 五島人 > 離島出身女性初の競輪選手を目指す 出口倫子さん(平成30年5月掲載)

離島出身女性初の競輪選手を目指す 出口倫子さん(平成30年5月掲載)

更新日:2019年2月19日

  • 子どもの頃の出口さんが自転車をこぐ様子を写した写真。
  • 青いヘルメットをかぶり、競技用自転車に跨る出口さんを写した写真。
  • 市長表敬訪問時の様子を写した写真。

五島市出身の出口倫子さんが、平成30年に「日本競輪学校」の試験に合格しました。平成30年5月から静岡県にある学校に入学し、離島出身女性初の競輪選手を目指します。

競輪選手を目指すきっかになったのは、4歳の頃。自宅にホームステイしていたトライアスロンの国際大会に出場するプロ選手の走りを生で見て、「自分もトライアスロンをしたい!」と思うようになり、小学4年生から大会に出場してきました。

小学校では陸上クラブ、中学校では水泳クラブに所属し、五島高校進学後から本格的に自転車競技をはじめました。五島市内に専用の練習場が無いため、毎週のように佐世保にある競輪場に通い、他校の男子選手と一緒に練習に励みました。

高校2年生の時に出場した「全国都道府県対抗自転車競技大会」では、7位入賞するなど実力をつけていきました。

寮生活となる競輪学校で11か月間学び、「競輪選手資格検定」に合格すれば、来年7月にプロデビューとなります。

競輪学校の入学を前に野口市長を表敬した出口さんは、「不安はありますが、しっかり練習して強い選手になれるようがんばります。」と力強く抱負を語りました。

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 情報推進課 広聴広報班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6369
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?