メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > しま自慢 > ごとう地コラム > よかよか五島百景 島山島 > 簗口瀬戸 玉之浦大橋ができる前

簗口瀬戸 玉之浦大橋ができる前

更新日:2011年05月26日

簗口瀬戸の画像
玉之浦大橋欄干の向こうに見えるは簗口瀬戸。歩いて渡ってみたかった?!

玉之浦大橋ができる前のこと。

簗口瀬戸は、現在は掘削して深くなっているが、かつては歩いて渡れるほど浅かった。
引き潮のときは膝くらいの深さしかなく、子どもたちが学校帰りに歩いて帰れたほど。

満ち潮のときは、少し玉之浦湾側に入った小浦側の瀬戸から、島に向かって「お~い」と叫んで、
船を呼んで瀬渡ししてもらっていた。

船は当番制で、集落のみんなが交代で出していたが、なかには、玉之浦で夜遅くまでお酒を飲んで、
泳いで島に帰る人もいたらしい(笑)。

手つかずの大自然が数多く残る島山島。
まだまだ何かがありそうだ。

周辺案内図

地図はドラッグ操作でスクロールします。

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 情報推進課 広聴広報班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6369
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?