メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > 市政 > 市の政策 > 五島市PR指針(広報・広聴) > 事業計画の目標を達成するための仕掛け > 広聴 > 「市長への手紙」の公表 > 市長への手紙(2019年10月分)

市長への手紙(2019年10月分)

更新日:2019年11月7日

みなさまからお寄せいただいた「市長への手紙」の要旨と市の回答(回答が不要な場合は市の方針)を公表します。掲載期間は3年度分です。

末広公園にある動物の糞について対策をとってほしい

ご意見の要旨

子どもたちの憩いの場である末広公園に、毎日のように動物の糞が大量に落ちている。保護者たちは、衛生面や健康面で問題があると憂慮している。犬の糞が大半だが、公園内で犬のリードを放す人やトイレ処理道具を持たずに犬を公園内で散歩させている人がよくいる。看板の設置など、実効性のある対策をとってほしい。

提案したい対策

  1. 公園内のペットの散歩禁止
  2. 猫の忌避剤等の定期的な散布
  3. 糞の放置は条例違反であることを伝える看板の設置

回答

末広公園は、月に15回程度の清掃をしています。
また、五島市犬取締条例で「飼い犬に街路樹又は公園その他の公共の場所を汚染するような行為をさせないこと」との遵守事項を定めています。
しかしながら、この度、公園内に糞が落ちているとのご指摘をいただきました。また、その対策につきましてご提案をいただきありがとうございました。
ご提案の事項につきまして、次のとおり回答いたします。

  1. 公園内のペット散歩禁止
    公園は、公衆が憩い遊びを楽しむために公開された場所であるため、ペットの散歩を禁止することは考えていません。
  2. 猫の忌避剤等の定期的な散布について
    仮に猫の忌避剤等を散布する場合、末広公園は砂地が特定できないため、公園の全範囲に散布することとなります。その場合、臭いや色の付着など、付近の民家や公園の利用者へのリスクが考えられるため、猫の忌避剤の使用は考えていません。
  3. 糞の放置は条例違反であることを伝える看板の設置
    四箇所の入り口に新たな看板を設置します。また、広報誌などで飼い主に対する啓発を図ります。

この件に関するお問い合わせ

五島市役所 建設水道部管理課空き家・公園班

電話:0959-72-6371

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 情報推進課 広聴広報班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6369
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?