メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > 市政 > 市の政策 > 五島市PR指針(広報・広聴) > 事業計画の目標を達成するための仕掛け > 市民・市外ターゲットの巻き込み > ごとふぁんプロジェクト > 第2期 プロから学ぶ情報発信講座を実施しました

第2期 プロから学ぶ情報発信講座を実施しました

更新日:2019年6月6日

グループワーク(令和元年5月22日)

東海大学文化社会学部広報メディア学科の河井孝仁教授を講師にお迎えし、五島市の魅力を使って五島市で幸せになれる人あるいは野望を実現できる人のストーリーを考えました。
グループワークには、ライターコースの受講生とWeb動画クリエイターコースの受講生が参加しました。

五島市の魅力を洗い出す

  • 参加者は、あらかじめ五島市の魅力を付箋に書いておく。
  • 魅力は、ヒト・モノ・コト・トコロ・カコ・ミライ・ワザ・シゴト・クウキ・カンヨの10カテゴリーに分け、模造紙に貼る。
  • 同じ魅力が書かれた付箋は重ねて貼る。
  • 190522ワークショップ写真1

     

  • 190522ワークショップ写真2

     

五島市の魅力を使って幸せになる人や野望を実現できる人のストーリーを考える

  • 架空の人物を3人考える。
    氏名・性別・年齢・職業・家族構成など、できるだけ具体的に設定する。
    その3人の人物が五島市で暮らして、一旦幸福度が落ちるものの、最終的に幸せになるあるいは野望を実現できるストーリーを作る。
  • 洗い出した五島市の魅力を使い、それぞれの物語を作る。
  • ワールドカフェ方式で物語を発表。
  • 共感できるストーリーに投票。
  • 190522ワークショップ写真3

     

  • 190522ワークショップ写真4

     

受講生の感想(抜粋)

  • 五島市の多様な魅力を知ることができてよかった。
  • 別の目線から見た五島市っていろんなことがあるなと思いました。
  • 切り口がおもしろい。
  • 協力してみんなで作り上げるのが楽しかった。

写真講座(令和元年5月30日)

フォトグラファーの瀬川陣市氏を講師にお迎えし、写真講座を実施しました。
ライターコースの受講生が参加し、記事に活かせる写真を撮るテクニックを学びました。

カメラの使い方を知ろう

  • ズームレンズの使い方
  • 明るさ、色合いの変え方
  • ピントの合う距離(レンズの絞り)
  • シャッター速度
190530写真講座1

構図の作り方・効果的な撮り方を知ろう

  • グリッドライン
  • 水平・垂直ライン
  • 配置・スペース
  • アングル
  • 強調感
  • 人物ポートレート
  • 食べ物
  • 190530写真講座2

     

  • 190530写真講座3

     

記事の構成と写真のセレクトについて

  • 記事の構成の基本形
  • 記事に挿入する写真の内容
  • 写真を選別する方法

記事に使用する写真のモラルについて

  • 肖像権、住居権など

撮影実習

記事タイトル案からひとつを選び、その内容に合う写真を撮影。
記事に挿入する想定で4枚の写真をセレクトする。

発表・講評

各自セレクトした写真を発表し、その発表内容について講評。

  • 190530写真講座6

     

  • 190530写真講座7

     

受講生の感想(抜粋)

  • とても分かりやすい講座でした。
  • なんとなく撮っていましたが、やはり基本のルールがあるのだと知り、ためになりました。
  • 何度か別の写真講座を受けていますが、今回の講座が分かりやすかったです。難しい言葉を覚えるというよりも、実際に使えるように教えてくださったような気がします。
  • カメラの使い方や写し方で初めて知ることがたくさんあり、とても充実した時間を過ごせました。
  • とても楽しかったです。

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 情報推進課 広聴広報班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6369
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?