メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > 市政 > 五島市の紹介 > 市長の部屋 > 市長からのメッセージ > 2021年 > 市長からのメッセージ(2021年9月)

市長からのメッセージ(2021年9月)

更新日:2021年9月1日

オリンピック・パラリンピック

新型コロナウイルス感染の拡大により1年延長されていた「東京2020オリンピック」が開催され、8月8日に閉幕しました。
新型コロナウイルスの変異株「デルタ型」の世界的なまん延もあり、会場に観客を入れない「無観客」となりましたが、日本人選手の目覚ましい活躍があり、特に本県出身の選手が出場する競技をドキドキしながらテレビで応援した方も多かったのではないでしょうか。
金メダルを取ったソフトボールの藤田倭選手(佐世保市出身)、柔道男子81キロ級の永瀬貴規選手(長崎市)、陸上女子10000メートルで7位入賞した廣中璃梨佳選手(大村市)、残念ながらメダルには届きませんでしたが森保一監督(長崎市)率いる男子サッカーの吉田麻也選手(長崎市)、男子バスケットボールで主将を務めた田中大貴選手(雲仙市)たちの活躍は、私たちに大きな感動と勇気を与えてくれました。特にこれまで日本体操をけん引してきた内村航平選手(諫早市)の姿にはジーンときました。
この他、五島市で合宿を行った女子マラソンの一山麻緒選手(ワコール)や女子10000メートルの安藤友香選手(ワコール)、女子フェンシングの佐藤希望選手(大垣共立銀行)といった、五島市とゆかりのある選手も出場しました。
8月24日からはパラリンピックが開催されています。障がいを乗り越えてスポーツに取り組む姿は、オリンピックと同じように私たちを勇気づけてくれます。
パラリンピックの聖火には、市民の皆さまと一緒に採火した「五島市の火」が含まれています。9月5日の閉会式まで残りわずかですが、皆さまの応援をお願いします。
来年の2月には、北京で冬期オリンピックが開催されます。それまでに、私たちは新型コロナウイルスにうまく対応できているでしょうか。現在、市民全体の約72%の方がワクチンの1回目を接種または予約しています(8月15日現在)。これまで、7割程度の接種率が集団免疫の目安とされてきましたが、「デルタ型」の出現により8割以上の接種が必要といわれています。
ワクチン接種は強制ではありませんが、五島市では一人でも多くの方に接種していただき、ご自身の安全・安心と集団免疫を確保したいと考えています。不安を感じている方は、ぜひ医療機関に相談し、判断していただければと思います。

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 情報推進課 広聴広報班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6369
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?