メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > 市政 > 五島市の紹介 > 五島市のプレスリリース > 五島ワーケーション・チャレンジ 2020 winter

五島ワーケーション・チャレンジ 2020 winter

更新日:2019年11月5日

五島市は、2019年5月に開催されたリモートワーク実証実験を後援し、都心近郊から来島したビジネスパーソン約50名に、市内のホテル、私設図書館、カフェ等をコワーキングスペースやコミュニティスペースとしてを開放するなどの試みをしてきました。

今回は五島市が主体となり、リモートワークに留まらない「地域課題解決型ワーケーション企画」を開催します。市民との交流を通じて離島の社会課題を認識する機会ならびに、ビジネスパーソンの視点で“五島の魅力”を再発掘する機会の創出を目指します。

なお、今回は観光業が閑散期となる1月~2月の真冬の五島で、“ほとんど娯楽がない場所でどのようにワーケーションを楽しむか”をテーマに、開催期間中さまざまなイベントを企画する予定です。

五島ワーケーション・チャレンジ 2020 winter特設サイト

「五島ワーケーション・チャレンジ 2020 winter」とは

「ワーク&バケーション」×「地元交流」をコンセプトに、高速Wi-Fiやオフィス機器が完備されたワークスペースを用意し、市民と交流できるイベントを随時開催。地元の人しか知らない「真冬の五島」の楽しみ方を一緒に経験しながら、ビジネスパーソン自身が自主的に市民に対して「ミニ勉強会」を開くなど、交流を超えて“地域課題の解決”を促します。人と人の繋がりから始まる、心温まるワーケーション・プロジェクトです。

企画名

五島ワーケーション・チャレンジ 2020 winter

募集開始

2019年11月5日(火曜日)~11月24日(火曜日)

開催期間

2020年1月16日(木曜日)~2020年2月16日(日曜日) 

1名の滞在期間:3泊4日以上9泊10日以内

参加人数

50名予定(応募多数の場合は抽選となります)

開催場所

長崎県 五島列島 福江島

滞在場所

SERENDIP HOTEL GOTO(セレンディップ ホテル ゴトウ)(外部サイトへリンクします)

主催

五島市

企画運営

一般社団法人みつめる旅

協賛(50音順)

イワタニ・プリムス株式会社、株式会社NTTドコモ、Slack Japan株式会社

(11月5日現在)

後援(50音順)

観光庁、長崎県

(11月13日現在)

問い合わせ先

五島市地域振興部地域協働課移住定住促進係
電話番号:0959-76-3070(直通)
ファックス:0959-74-1994(代表)
メールアドレス:ui-turn●city.goto.nagasaki.jp(●を@に置き換えてください)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?