メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > 市政 > 五島市の紹介 > メディア掲載情報 > 「新 窓をあけて九州」で砂打ちの様子が放送されます

「新 窓をあけて九州」で砂打ちの様子が放送されます

更新日:2019年12月20日

毎週日曜日の午前10時から九州地区で放送されている「新 窓をあけて九州」で、五島市玉之浦町大宝地区の「砂打ち」が取り上げられます。

放送日時

令和元年12月22日(日曜日)10時~10時15分

チャンネル

九州地方のe-JNN6局(RKB毎日放送・NBC長崎放送・RKK熊本放送・OBS大分放送・MRT宮崎放送・MBC南日本放送)

砂打ちとは

旧暦の9月末ごろ大宝郷の氏神 言代主神社の秋祭りに行われ、神楽と砂打ちで構成されています。大漁、豊作、無病息災、疫病退散など、各種の習慣、民俗が混ざり合った非常に珍しい祭りとして、国選択無形民俗文化財となっています。

「砂打ち(ずなうち)」という仕草を演じるのは、砂鬼(サンドーラ)と呼ばれる若者たち。行列から離れ、見物人や家々をめがけて砂を打ちまきます。一行が通過するときに、追いかける砂鬼と逃げ回る見物人、子どもたちで賑わいます。

  • 砂打ちの様子の画像

    砂打ちの様子

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 情報推進課 広聴広報班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6369
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?