メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)患者の発生について

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)患者の発生について

更新日:2019年5月15日

県内で今年度、初めて「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」患者の発生が確認されました

SFTSは、主に病原体を持つマダニ等から咬まれることで感染・発症します。
暖かくなり、マダニやツツガムシ等の活動が活発になってきています。
SFTSや日本紅斑熱、ツツガムシ病への感染を防ぐため、野や山に入る際は肌の露出を避けるなど、ダニ等に咬まれない対策に努めてください。
AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

市民生活部 国保健康政策課 総務班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号 (福江総合福祉保健センター)

直通電話:0959-74-5831
ファックス番号:0959-74-5832(直通)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページや探しやすかったですか?