メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

更新日:2020年2月27日

市民のみなさまへ

日常生活で気を付けること

  • 新型コロナウイルス感染症を防ぐには、まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
  • 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介してほかの方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
  • 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人ごみの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。
  • 発熱等の風邪の症状がみられるときは、学校や会社を休んでください。
  • 発熱等の風邪の症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

こんな方は注意してください。

次の症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

  1. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならない時を含みます。)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難がある)
  3. 高齢者や基礎疾患等のある方は、1・2の状態が2日ほど続く場合

センターでご相談の結果、コロナウイルス感染の疑いがある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。
マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

新型コロナウイルス感染症に関する専門相談窓口「帰国者・接触者相談センター」【長崎県】

厚生労働省コールセンター

今般の新型コロナウイルス感染症の発生について、厚生労働省の電話相談窓口を設置しております。

厚生労働省の電話相談窓口 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

2月7日(金曜日)9時より新しい番号(フリーダイヤル)となりました。

企業の皆様へ

  • 発熱等の風邪の症状が見られる職員等への休暇についてご配慮ください。
  • イベント等の開催につきましては、開催の必要性を改めて検討をお願いします。
  • 新型コロナウイルス感染症対策啓発ポスターの掲示にご協力ください。

コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。
人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。

種類
 感染経路
症状
治療・予防
  • HCoV-229E
  • HCoV-OC43
  • HCoV-NL63
  • HCoV-HKU1 
咳、飛沫、接触による感染。
潜伏期間は2~4日。
主に鼻炎、上気道炎、下痢等を引き起こす。
通常は重症化しない。 

治療:特定の治療法はなく、対症療法で治療。

予防:有効なワクチンはない。手指や呼吸器の衛生、食品衛生の維持を心がける。
咳、くしゃみなどの呼吸器症状を示す人との密接な接触を避ける。

  • SARS-CoV
  • MERS-CoV 
SARSは上記に加え便にも注意。
潜伏期間は2~10日(SARS-CoV)、2~14日(MERS-CoV)。
上記症状に加えて、SARSでは高熱、肺炎、
MERSでは高熱、肺炎、腎炎を起こしうる。

新型コロナウイルス感染症について

コロナウイルス科ベータコロナウイルス属の新型コロナウイルスによる急性呼吸器症候群。
臨床的特徴としては、潜伏期間は2~10日間、その後、発熱・咳・全身倦怠感等の感冒症状が現れ、一部のものは主に5~14日間で呼吸困難の症状を呈し、肺炎像が認められます。
高齢者や基礎疾患を持つ者では、重症化するリスクが一定程度あると考えられています。
感染経路は主に飛沫・接触感染。抗ウイルス薬やワクチンはなく、治療は対処療法がとられています。また、令和2年2月1日に感染症法上の指定感染症に指定され、保健所による入院措置・公費負担・医師による届出・患者の積極的疫学調査等が可能となりました。
同様に検疫法でも検疫感染症に指定され、検疫所による質問・診察・検査・消毒が可能となりました。

新型コロナウイルス感染症の発生状況等について

新型コロナウイルス感染症については、これまで水際での対策を講じてきていますが、ここに来て国内の複数地域で、感染経路が明らかでない患者が散発的に発生しており、一部地域では小規模患者集団が把握される状態になりました。しかし、現時点では、まだ大規模な感染拡大が認められている地域があるわけではありません。
まさに今が、今後の国内での健康被害を最小限に抑える上で、極めて重要な時期となっています。
市民の皆様には感染の不安から適切な相談をせずに医療機関を受診することや感染しやすい環境に行くことを避けていただきますようお願いいたします。
現在、厚生労働省が中心となり必要な情報の収集・公表を行っていますので、 詳細は、厚生労働省をはじめ関係官庁の関連リンクをご覧ください。

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

市民生活部 国保健康政策課 総務班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-88-9166
ファックス番号:0959-74-1375(直通)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?