メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 新型コロナウイルス関連情報 > 市民のみなさまへ > 【新着情報】新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

【新着情報】新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

更新日:2022年9月13日

療養期間などが見直しされています

令和4年9月7日から、療養期間等が見直しされました。(同日時点で、患者である方にも適用されます。)

本件に関して、保健所からの連絡はありませんので、ご自身でご確認をお願いします

有症状患者(人工呼吸器等による治療を行った場合を除く。)

(A)現に入院、高齢者施設に入所している方以外の方
◯発症日から7日間経過している
◯かつ、症状軽快後24時間経過している

8日目から解除可能

(B)現に入院している方(高齢者施設に入所している方を含む)(従来から変更なし)
◯発症日から10日間経過している
◯かつ、症状軽快後72時間経過している

11日目から解除可能
(症状軽快とは→解熱剤を使用せずに、解熱しており、呼吸器症状が改善傾向である状態)

無症状患者(無症状病原体保有者)

◯検体採取日から7日間経過している(従来から変更なし)

8日目から解除可能

◯加えて5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した

6日目から解除可能
ただし、7日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。
(1)検温など自身による健康状態の確認
(2)高齢者等ハイリスク者との接触
(3)ハイリスク施設への不要不急の訪問
(4)感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること
(5)マスクを着用すること等

療養期間中の外出について

有症状の場合で症状軽快から24時間経過後又は無症状の場合には、以下に注意し、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。
(1)外出時は人と接する際は短時間とする
(2)移動時は公共交通機関を使わない
(3)外出時や人と接する際には必ずマスクを着用する
(4)食料品等の買い出しなど必要最小限の外出は差し支えない
しかし、療養期間中であることから感染リスクが残存する状態です。必要最小限の外出をお願いします。

療養期間中の感染対策について

(1)部屋を分ける
(2)看病は限られた方で行う
(3)患者、介護者ともマスクを着用する
(4)こまめに手洗いをする
(5)換気をすること
(6)手で触れる共有部分を消毒すること(ドアノブ、トイレの座面、洗面所の蛇口等)
(7)汚れた衣服を洗濯すること
(8)ゴミは袋に密閉して、可燃ごみとして捨てること(市の分別方法に従ってください)

 濃厚接触者について

 ◯同一世帯内のすべての同居者が「濃厚接触者」になります
◯一方、ハイリスク施設以外の事業者では、濃厚接触者の特定は行っておりません
感染者との接触があった場合は、高齢者等との接触や感染リスクが高い行動をお控えください

療養解除後の対応

療養解除後のPCR検査は必要ありません!
新型コロナウイルス感染症に感染した方が、療養解除後に、自身が陰性であることを確認するために、再度民間検査機関にてPCR検査を受検する事例が増えております。
療養解除後、数週間から数ヶ月は「陽性」と出ることがあります。「陽性」が出たとしても、他人にっ感染を拡げることは、ほとんどありません。
療養解除後に勤務等を再開するにあたって、職場等にPCR検査等(抗原定性検査キット等)による陰性証明書等を求められる場合があるかと思いますが、提出する必要はありません。
(「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第18条に規定する就業制限の解除に関する取扱いについて(一部改正)」(令和4年1月31日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部)

療養証明書について

保険会社の給付金等の請求に必要な書類(以下、「療養証明書」という。)の発行方法は下記のとおりです。

 宿泊・自宅療養証明書の発行について

このページに関する問い合わせ先

福祉保健部 国保健康政策課 総務班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-88-9166
ファックス番号:0959-74-1375(直通)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?