メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 新型コロナウイルス関連情報 > 市民のみなさまへ > マスク着用の考え方について

マスク着用の考え方について

更新日:2022年5月27日

マスク着用の考え方及び就学前児の取扱いについて

屋外でのマスク着用について

マスク着用が不要な場面

  1. 屋外で2メートル以上を目安として他者との距離が確保できる場合。
    例えば:ランニングなど離れて行う運動や、鬼ごっこのような密にならない遊びなど
  2. 屋外で人とすれ違うことはあっても、会話はほとんど行わない場合。
    例えば:徒歩での通勤など

    注意:屋外であっても、近い距離で会話をするような場面では、マスクの着用をお願いします。
    夏場は、熱中症になるリスクが高くなるので、マスクを着用する必要はない場面では、マスクを外していただくことをお奨めします。

屋内でのマスク着用について

マスク着用が不要な場面

  1. 他者との距離が確保できており、会話がほとんどない場合。

マスク着用が必要な場面。

  1. 距離が確保できない所で、会話を行う場合。
  2. 公共交通機関の中など距離が確保できない場合(会話をほとんど行わないときも、着用をお願いします)。

子どものマスク着用について

  1. 2歳未満の子ども
    これまで同様、マスク着用は不要です。
  2. 2歳以上の就学前の子ども
    保育所等において、可能な範囲で、一時的にマスク着用を奨めてきましたが、令和4年2月以前の取扱いに戻します。詳しくは以下のとおりです。
    個々の発達の状況や体調等によりマスク着用をお願いします。
    他者との距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めません。
    施設内に感染者が生じている場合などにおいて、施設管理者等の判断により、可能な範囲で、マスク着用を求めることは可能です。この場合でも、子どもの体調等への配慮をお願いします。

このページに関する問い合わせ先

福祉保健部 国保健康政策課 総務班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-88-9166
ファックス番号:0959-74-1375(直通)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?