メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 新型コロナウイルス関連情報 > ワクチン接種について > 新型コロナウイルスワクチン接種について

新型コロナウイルスワクチン接種について

更新日:2021年8月25日

持続可能な開発目標3.すべての人に健康と福祉を

新型コロナワクチンもったいないバンク

五島市では、接種予約のキャンセル等によりワクチンに余剰が生じた場合、使用可能なワクチンが無駄になることを防ぐため、事前にご登録いただいた方へ優先的に接種を行う「もったいないバンク」を始めます。

登録が可能な方

  • 五島市内にお住まいで、20歳以上の方
  • 連絡を受けてから30分以内に、接種会場(医療機関または集団接種会場)へ来ることができる方
  • 新型コロナワクチンの接種をまだ行っていない方

登録方法

次のいずれかの方法でお申し込みください。

  1. 新型コロナワクチンもったいないバンク登録フォームへ必要事項を入力し送信する。
  2. 五島市新型コロナワクチン接種コールセンター(電話:0959-72-1095)へ電話する。

副反応について

副反応とは、ワクチン接種後に現れる症状のことです。出現には個人差があり、必ず現れるというものではありませんが、接種後(特に、接種直後~数日間)は、ご自身の体調に注意が必要です。下記のような症状や、いつもと違う体調の変化や異常があれば、接種を受けた医療機関等の施設の医師や看護師、またはかかりつけ医へご相談ください。

よく見られる副反応

  • 注射した部位の痛み・腫れ
  • 下痢
  • 頭痛
  • 筋肉や関節の痛み
  • 疲労・寒気・発熱

症状について

  • 症状の多くは接種翌日に現れ、通常1~2日で治まります。
  • 病気療養中の方で解熱消炎鎮痛剤等を使用される場合は、主治医・薬剤師に服用についてご相談ください。
  • ひどい痛み・腫れ・高熱等の重い症状となる場合は医師の診察を受けてください。

接種会場での体制

接種会場では、医療品等を準備し、医療スタッフがすぐに対応できる体制をとります。体調が悪くなった場合はすぐにお申し出ください。また、ワクチン接種によって健康被害が生じた場合、予防接種法に基づく救済措置があります。

基礎疾患をお持ちの方へ

基礎疾患者の事前連絡受付は、6月30日をもって終了しました。

下記は、連絡受付時の内容です。

次の(1)または(2)に該当する方は、6月30日(水曜日)までに、五島市新型コロナワクチン接種コールセンターへ必ずご連絡ください。優先的にワクチン接種ができるよう個別にご案内します。

(1)16歳~64歳の方で、下記の病気等で通院や入院をしている方

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変など)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

(2)16歳~64歳の方で、肥満(BMI30以上)の方

BMIの計算方法

BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)

BMIの計算例(身長160センチ、体重60キロの場合)

60(キログラム)÷1.6(メートル)÷1.6(メートル)=23.4

連絡方法

  1. コールセンター(電話:0959-72-1095)へ電話連絡(受付時間:平日9時~17時)
  2. 基礎疾患等連絡フォームへ必要事項を入力し送信

連絡期限

令和3年6月30日(水曜日)17時

ワクチン接種当日について

持参するもの

  • 接種券
  • 予診票(事前に記入してください)
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証、運転免許証など)
  • マスク着用
  • お薬手帳

当日の服装

接種時、すぐに肩を出せる服装でお越しください。

  • 例:半袖のTシャツにカーディガンやシャツを羽織るなど。

ワクチン接種の流れ

接種を受ける前に、基礎疾患のある方などは、かかりつけ医に接種について相談をしておきましょう。かかりつけ医が接種医療機関になっている場合は、かかりつけ医で接種を受けましょう。

1.接種券の受け取り

1.クーポン券が届く

市から「接種券(クーポン券)」が自宅に郵送されます。この接種券(クーポン券)には、1回目、2回目の接種に必要な接種券(シール)と、接種後にワクチンのシールを張る「接種済み証」がついています。

2.接種場所を選ぶ

2.医療機関を選ぶ

同封されている実施医療機関一覧の中から接種場所を選びます。

3.事前予約

3.電話やLINEで予約をする

事前に予約が必要です。(市コールセンター、LINEなどで予約受付を行う予定です。予約方法は個別通知等でお知らせします)

4.事前準備・接種

4.予診票を記入する・腕を出しやすい服装で

接種は、接種後の待機時間を含め、終了までに40分から1時間くらいかかります。会場や混み具合によって異なりますが、時間に余裕をもってお越しください。事前に予診票を記入しておきましょう。接種当日は、市から郵送された「接種券(クーポン券)」「予診票」、本人確認できるもの(健康保険証や運転免許証など)をもってきてください。接種は腕の肩に近い位置に打ちますので、腕を出しやすい服装でお越しください。

5.接種後

5.接種後は待機する

接種後は15分から30分、会場で待機していただきます。特に体調の変化等がなければ終了です。「接種済み証」に接種したワクチンのシールが貼られていることを確認してください。接種券(クーポン券)は、2回目の接種の時も使用しますので、大切に保管してください。

ワクチン接種計画・スケジュール

二次離島島民4月26日から、高齢者・障碍者施設などは5月中旬から、75歳以上高齢者は5月下旬から、それ以外の方は7月下旬以降

五島市新型コロナウイルスワクチン接種計画(PDF:1.13MB)

新型コロナウイルスワクチン接種とは

接種費用

無料で接種できます。

接種回数

2回接種(ファイザー社のワクチンは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます)

接種場所・方法

五島市では、個別接種と集団接種を併用しながら実施します。現在、五島医師会や医療機関等と調整中です。詳しい内容が決まりましたらお知らせします。

ワクチン接種を受ける際の同意

新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は強制ではありません。
予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

健康被害などの救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

救済制度の詳細については「予防接種健康被害救済制度(厚生労働省)」(外部サイトへリンクします)をご覧ください。

厚生労働省ホームページへのリンク

五島市新型コロナワクチン接種コールセンター

令和3年3月1日(月曜日)に五島市新型コロナワクチン接種コールセンターを設置しました。新型コロナウイルスワクチン接種に関するご案内や相談をお受けしております。

  • 電話:0959-72-1095
  • 受付時間:午前9時00分から午後5時00分まで(土曜日、日曜日、祝日を除く)
  • 対応内容:接種可能医療機関や集団接種会場、接種券に関すること

長崎県コロナワクチンコールセンター

副反応等に係る相談に対応するため、令和3年3月15日(月曜日)から長崎県がコールセンターを開設しました。

  • 電話:0120-764-060
  • 受付時間:午前9時00分から午後9時00分(土曜日、日曜日、祝日を含む)
  • 対応内容:ワクチン接種後の副反応等に関する専門的相談

このページに関する問い合わせ先

福祉保健部 国保健康政策課 総務班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-88-9166
ファックス番号:0959-74-1375(直通)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?

【新型コロナワクチン接種】「もったいないバンク」へ登録しませんか