メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 新型コロナウイルス関連情報 > ワクチン接種について > 新型コロナウイルスワクチンの廃棄について(令和3年8月11日)

新型コロナウイルスワクチンの廃棄について(令和3年8月11日)

更新日:2021年8月13日

令和3年8月11日、市内の医療機関で保管していた新型コロナウイルスのワクチン13バイアル(78回分)について、冷蔵庫の温度が常温となっていたことを受け、使用不能と判断し廃棄しましたのでお知らせします。

このワクチンは、8月11日~8月16日の一般市民向け接種用として、8月5日に医療機関に配送し、冷蔵庫に保管されていたものです。

8月11日、午前8時、医療機関の職員が、冷蔵庫の扉が数センチ開いており冷蔵庫内の温度が高いことを確認しました。前日の8月10日の夕方に冷凍室の開閉を行った際に、反動で冷蔵庫の扉が開いたものと考えられます。

ワクチンは、解凍後2~8度で保管するようになっており、いつから温度が上昇したかわからないことから、この冷蔵庫に保管されていたワクチン13バイアル(78回分)を全て廃棄することといたしました。

市内では、同様の事例が5月にも発生しておりますので、改めて、市内の医療機関に対し適切なワクチン管理を求める文書を送り、再発防止に努めてまいります。

このページに関する問い合わせ先

福祉保健部 国保健康政策課 総務班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-88-9166
ファックス番号:0959-74-1375(直通)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?