メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 新型コロナウイルス関連情報 > ワクチン接種について > 新型コロナウイルスワクチン接種回数に係る事故について

新型コロナウイルスワクチン接種回数に係る事故について

更新日:2021年8月13日

市内の80代女性が新型コロナウイルスワクチンを6月30日から8月4日までに誤って3回接種を受けたことが判明いたしました。

女性は、市内医療機関で6月30日に1回目、7月26日に2回目の接種を受けていましたが、8月4日に市内の別の医療機関で3回目の接種を受けていました。8月9日市において予診票のシステム入力を行った際に判明したものです。

接種時には、接種券を持参して頂くことが原則ですが、8月4日に女性の支援を行っている介護事業所の職員より市へ「女性が接種券を紛失している。」との報告を受けましたが、女性が高齢者であることを考慮して、接種券なしでも、本人確認等を行い適宜対応しているとだけ説明し、本人が未接種であることを主張したこともあり、当該女性の接種履歴を確認しておりませんでした。

今後、このような事が無いよう、接種券を持参していない場合は、接種履歴の確認を徹底するとともに、市民には接種を受ける際には接種券を持参するよう改めて周知してまいります。

接種を受けられた女性につきましては、その後、健康観察を行っており、女性の体調につきましては、現在のところ異常はありません。

このページに関する問い合わせ先

福祉保健部 国保健康政策課 総務班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-88-9166
ファックス番号:0959-74-1375(直通)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?