メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 新型コロナウイルス関連情報 > 市民のみなさまへ > 感染を防ぐために・心掛けてほしいこと > WITHコロナ時代 コロナ禍での過ごし方

WITHコロナ時代 コロナ禍での過ごし方

更新日:2021年2月4日

持続可能な開発目標3.すべての人に健康と福祉を

新型コロナウイルス感染対策 コロナ禍での過ごし方

近頃、食生活、運動習慣などの生活が乱れがちになっていませんか

生活習慣は一度乱れると元に戻すのは大変なことです。コロナに負けないためにも生活リズムを整え、体と心の状態をバランスを整えておきましょう。

生活習慣を整えるPOINT

  • 塩分、糖分、脂質を摂りすぎない
  • 食事を抜かない!1日3食
  • 栄養のバランスを考える
  • 人ごみを避けて運動する
  • 体重をコントロールする  
  • 節酒や禁煙
  • お薬を勝手に止めたり減らしたりしない 
  • 治療中の方は、診察をきちんと受ける
  • お互いを気づかいコミュニケーションをとる   
  • ストレスをためない
  • 十分な睡眠

食生活や運動、喫煙、飲酒など生活習慣を見直してみましょう!
生活習慣病の治療中の方や、その予備群の方は新型コロナウィルス感染症に感染しやすい、重症化しやすいと言われています。特定健診や職場検診等を受けた方は、その結果も併せて見直してみましょう!

定期的に健診・検診を受けましょう

体調をチェック

ランニングをする女性のイメージ

一つでも当てはまる場合は、運動・スポーツは行わないでください

  • 平熱を超える発熱
  • 咳、のどの痛みなど風邪の症状
  • だるさ、息苦しさ
  • 臭覚や味覚の異常
  • 体が重く感じる、疲れやすい等

感染防止の3つの基本

  • 十分な距離の確保
  • マスクの着用
  • 手洗い・手指消毒

運動・スポーツの種類ごとの留意点

ウォーキング・ジョギング

  1. 一人又は少人数で実施
  2. すいた時間、場所を選ぶ
  3. 他の人との距離を確保
  4. すれ違う時は距離をとる

筋トレ・ヨガなど

  1. 自宅で動画を活用
  2. こまめに換気

WITHコロナ時代安全にスポーツ・運動し、リフレッシュするポイントは?

プラス10分で健康寿命を伸ばしましょう!

健康寿命とは?

健康日本21(第二次)では「健康上の問題で日常生活が制限なく生活できる期間」としています。

ロコモティブシンドロームとは?

骨や関節の病気、筋力の低下、バランス能力の低下によって転倒・骨折しやすくなることで、自立した生活ができなくなり介護が必要となる危険性が高い状態を指しています。

プラス10分で健康寿命をのばしましょう(長崎県ホームページ)(外部サイトへリンクします)

ロコトレはたった2つの運動です「片脚立ち」「スクワット」

プラス10から始めよう!今より10分多くからだを動かすだけで、健康寿命をのばせます。18歳から64歳は1日60分、65歳以上はじっとしていないで1日40分!

℮-ヘルスネット(厚生労働省)(外部サイトへリンクします)

LET’S TRY からだリセット体操筋膜リリース

美しい姿勢姿勢保持のための筋の張力バランスを整えよう。

L字筋膜ストレッチ
シェー筋膜ストレッチ

見返り筋膜ストレッチ

午前中、午後、入浴後など1日数回ゆっくり呼吸しながら行いましょう。他の運動は下記からご覧ください。

WITHコロナ時代 こころの健康のために

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、不安やストレスを感じる方も多いと思います。
こころの健康については、WHO(世界保健機関)の定義によると「健康とは、病気ではないとか、弱っているということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にもすべてが満たされている状態にあること」とされ、いきいきと自分らしく生きるための重要な条件となります。
心身の状態を良い状態に保つためには、「適度な運動」「バランスのとれた栄養・食生活」に、疲労回復と充実した人生を目指すための「休養」を加えた取り組みが必要です。さらに十分な睡眠をとることは、ストレスと上手に付き合う要素にもなります。

健康づくり(長崎県ホームページ)(外部サイトへリンクします)

バランスの摂れた食事

食育レシピの紹介

豚肉のごまだれ

こころの健康づくりと休養のために

相談窓口

五島市 福祉保健部 国保健康政策課 健康づくり班

電話番号:0959-74-5831(直通)

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

福祉保健部 国保健康政策課 健康づくり班

郵便番号:853-0064
長崎県五島市三尾野1丁目7番1号(福江総合福祉保健センター)

直通電話:0959-74-5831
ファックス番号:0959-74-5832(直通)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?