メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > 市政 > 市の政策 > 五島活性化×クラウドファンディング

五島活性化×クラウドファンディング

更新日:2019年11月8日

ふるさと納税でプロジェクトを実現させよう!

2019年夏、五島の活性化につながるプロジェクトを募集し、審査の結果、1つのプロジェクトを五島市が認定しました。
そのプロジェクトの実現に必要な資金を、五島市がふるさと納税の仕組みを活用して、クラウドファンディングの手法で集めます。
五島市民の方も寄附をすることができ、税の控除を受けられますので、実質2,000円の負担でこのプロジェクトを支援することができます。

「寄附をしたいけど、やり方が分からない」「クレジットカードを持っていない」という方にはサポートしますので、五島市商工雇用政策課までお気軽にお電話ください。
皆さまのあたたかいご支援をよろしくお願いします。

注意:五島市民の方は、返礼品は受け取ることができませんのであらかじめご了承ください。

  • 五島市地域振興部商工雇用政策課 電話0959-72-7862

五島市が認定したプロジェクト

プロジェクトをクリックすると詳細を見ることができ、実際に寄附をすることができるページにジャンプします。(外部サイトにリンクします)


この事業への寄附金は「ふるさと納税」の対象です

このプロジェクトに対する個人様からの寄附金は「ふるさと納税」の対象となります。ふるさと納税では、寄附金のうち2,000円を超える部分について、住民税の概ね2割を上限に、所得税と合わせて全額が原則として控除・還付されます。

例えば、30,000円の寄附をした場合、還付又は住民税からの控除額は28,000円となり、実質負担額は2,000円となります。この事業では、実質2,000円の負担でふるさとへの想いをカタチにできるとともに、返礼品があるプロジェクトについては返礼品を受け取ることができます。

  • 寄附する人の収入や家族構成に応じて還付・控除額は変わります。
  • このプロジェクトは目標金額の達成の有無にかかわらず、寄附をした時点で申し込みが確定します。その後のキャンセルはできませんのでご注意ください。

五島市が行うクラウドファンディングとは

通常のクラウドファンディングは、インターネットを通じて不特定多数の人からプロジェクトに必要な資金の調達を行うことをいいます。五島市が行うクラウドファンディングは、ふるさと納税の仕組みを活用して寄附を集めます。寄附をした方は税の控除を受けることができます。

この事業のメリット

  • 市がプロジェクトの認定をすることで、信用性が上がり集金力も高まる
  • プロジェクト実行者が、クラウドファンディングに関わる事務処理等をする必要がない

通常のふるさと納税との違いは、寄附金の使い道を明確にして、共感するプロジェクトに対して寄附金を集めるという点です。

寄附金の取り扱い(税制上の優遇措置)

寄附額のうち2,000円を除く金額が所得税・個人住民税から控除されます

「確定申告」又は「ワンストップ特例申請」を行うことで、寄附額のうち2,000円を除く金額が所得税・個人住民税から控除されます。

例:30,000円の寄附をした場合、合計28,000円の税金が還付・控除されます。

寄附をした方の給与収入や家族構成などに応じた還付・控除額の上限がありますのでご注意ください。全額(2,000円を除く)控除される寄附金の上限目安は総務省ホームページ(外部サイトにリンクします)から確認ができます。

税金からの控除は自動的にはされません

税金からの控除は自動的にはされません。寄附をした翌年の3月15日までに確定申告をする、もしくは翌年の1月10日までに「寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)」を五島市に提出する必要があります。

確定申告

寄附をいただいた全ての方に五島市から「寄附金受領書」を送付しますので、確定申告書に添付のうえ寄附をした翌年の3月15日までに管轄の税務署等へ提出してください。

確定申告をすると、その年の所得税から[寄附額-2,000円](または控除上限額)の概ね1割、と翌年度の住民税から概ね9割がそれぞれ税控除されます。

ワンストップ特例申請

次の2つの要件をいずれも満たしている方が利用できる制度で、この制度の利用を申請する事によって確定申告は不要となります。

  1. 確定申告を行う必要がない方(例:給与所得者、公的年金受給者等)
    確定申告を行わなければならない自営業の方や、医療費控除等で確定申告を行う方は対象となりません。
  2. その年にふるさと納税を行った自治体が5自治体以内であること
注意点

確定申告とは異なり、翌年度の住民税から控除額の全額が減額されます。ワンストップ特例申請書等を提出していても、確定申告をされた場合、ワンストップ特例は適用されませんのでご注意ください。

申請方法

ワンストップ特例申請を行う方は、次の書類を五島市へ郵送してください。

  1. ワンストップ特例申請書(PDF:248KB)
  2. 身元が確認できる書類の写し(顔写真付のものがない場合は2種類必要)
  3. 個人番号(マイナンバー)が記載された書類の写し
    ワンストップ特例申請書の添付書類について(PDF:219KB)
提出期限

寄附をした翌年の1月10日(消印有効)までです。
提出期限を過ぎた場合は受付できませんので、確定申告の手続きを行ってください。

郵送先

郵便番号:853-8501 長崎県五島市福江町1番1号

五島市役所 地域振興部商工雇用政策課クラウドファンディング担当

Q&A

税の控除を受けることができますか

通常のふるさと納税と同様に、税の控除を受けることができます。

返礼品はありますか

五島市が行っているクラウドファンディングは『寄附型』なので、返礼品があるとは限らず、返礼品があるかどうかはプロジェクトによって異なります。それぞれのプロジェクトの詳細ページをご覧ください。

五島市民も寄附をすることができますか

寄附はできますが、返礼品は受け取ることができません。税の控除は受けられます。

寄附金額が目標金額に達しなかったら、寄附したお金は返金されますか

寄附金額が目標金額に達しなかった場合でも、プロジェクト実行者が自己資金を加えてプロジェクトを実行するか、または、集まった寄附金額の範囲内でプロジェクトを実行するので、返金されません。

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

地域振興部 商工雇用政策課 雇用・起業促進班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号 (本庁舎)

直通電話:0959-72-7862
ファックス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?