メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > くらしの情報 > ごみ・環境 > ペット・生物・鳥獣被害 > 国の補助制度を活用し、鳥獣害対策システムを導入

国の補助制度を活用し、鳥獣害対策システムを導入

更新日:2019年3月5日

五島市では、国の補助制度(情報通信技術利活用事業費補助金)を活用し、ICTまち・ひと・しごと創生推進事業を平成28年度から推進してきました。

その中で、「鳥獣害対策システム」を整備し、平成30年2月26日から運用を開始しました。

鳥獣害対策システムとは

鳥獣害対策システムには、クラウド(ネットワークに接続されたサーバが提供するサービスを、パソコンやスマートフォンで操作する形態)を用いた通知機能付きのわな監視装置や監視カメラが備わっています。捕獲された位置やわなの設置位置等を記録する機能を備えています。

システムの効果

仮運用期間(平成29年11月17日から平成30年2月26日)の間、奥浦地区に設置したわなでイノシシ13頭が捕獲されました。

写真

  • 鳥獣害対策システム画面の写真
  • 鳥獣害対策システムを使用している職員の様子の写真

今後も、地域にお住まいの方や地区の捕獲隊等と連携し、鳥獣害の被害軽減を推進していきます。

このページに関する問い合わせ先

産業振興部 農林課 畜産・鳥獣対策班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号 (本庁舎)

直通電話:0959-72-7816
ファックス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?