メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > くらしの情報 > 健康・医療 > 助成金・割引 > 五島市特定不妊治療費助成事業

五島市特定不妊治療費助成事業

更新日:2022年2月9日

五島市は、少子化対策の一つとして、特定不妊治療を受けている夫婦に対して経済的負担の軽減を図るため、治療に要する費用の一部を長崎県助成金に追加して助成します。

特定不妊治療とは、保険適用されない高額な不妊治療で、「体外受精・顕微授精」「男性不妊」のことです。

対象者

法律上の婚姻関係にある夫婦で、次の要件のすべてに該当する方(令和3年5月1日以降に治療開始分については、事実婚も対象となります)

  • 特定不妊治療を終了した日において、夫婦ともに五島市に住所を有していること
  • 長崎県特定不妊治療費助成承認決定を受けていること
  • 市税の未納がないこと

助成内容

初回のみ治療費負担額、交通費及び宿泊費の合計額で25万円を限度とし、2回目以降は交通費と宿泊費の合計額となります。(令和3年5月1日以前の治療開始分については助成内容が異なりますのでお問合せください。)

  • 治療費負担額:初回のみの助成。長崎県が助成した額を控除した額(交通費・宿泊費とあわせて25万円を限度とします。)
  • 交通費:特定不妊治療の際、通院に利用した船賃または航空運賃の実費相当額(国交離島運賃を適用した額)とし、夫婦合わせて9往復分(うち夫は治療として通院する1往復分まで)を限度とします。
  • 宿泊費:特定不妊治療の際、宿泊に要した費用から食費を控除した額(1泊5,000円を上限とし、夫婦合わせて15泊まで(うち夫は治療として通院する1泊分まで)の宿泊費を限度とします。)

期間及び回数

長崎県特定不妊治療費助成事業に準じて助成します。

手続きの流れ

  1. 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)の開始
  2. 長崎県特定不妊治療費助成事業の助成申請を行う(長崎県五島保健所へ申請)
  3. 長崎県特定不妊治療費助成事業の交付決定
  4. 五島市特定不妊治療費助成事業の助成申請を行う(五島市国保健康政策課へ申請)
  5. 五島市特定不妊治療費助成事業の交付決定
  6. 交付決定日から30日以内に指定口座へ助成金が振り込まれます

申請書類

長崎県の交付決定から起算して60日以内に、次の書類を添えて五島市役所 市民生活部国保健康政策課(保健センター)へ申請してください。下記書類のほか、印鑑、通帳(振込口座が確認できるもの)を持参してください。

  • 五島市特定不妊治療費助成事業申請書
  • 長崎県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し
  • 長崎県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  • 交通費、宿泊費の助成を申請する場合は、これらにかかる領収書等の原本

長崎県特定不妊治療費助成事業については、長崎県五島保健所にお問合せいただくか、長崎県ホームページをご覧ください。

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、アドビシステムズ社のAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、Adobe Readerダウンロードページからダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

福祉保健部 こども未来課 こども健康班

郵便番号:853-0064
長崎県五島市三尾野1丁目7番1号(福江総合福祉保健センター)

直通電話:0959-74-5831
ファックス番号:0959-74-5832(直通)

問い合わせ先

長崎県五島保健所
郵便番号853-0007 長崎県五島市福江町7-2
電話番号:0959-72-3125

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?