メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > しま自慢 > しまの魅力発信 > ごとうの極上 > ブランデーケーキ 菓子舗はたなか

ブランデーケーキ 菓子舗はたなか

更新日:2019年2月15日

  • 店主の畑中輝夫さんと妻のあき子さんが並んで微笑んでいる。
  • 創業以来変わらないブランデーケーキ。長方形型でチョコレートがコーティングされている。
  • 解放感がある大きな窓が特徴の店舗。赤い屋根の可愛らしい外観。

紹介

富江町商店街にあるかわいい外観のお店「菓子舗 はたなか」。創業32年の菓子舗を営む畑中輝夫さんは、3年前に亡くなった父から店を継ぎました。

幼い頃から店の手伝いで遊びに行けないことも多く、十代の頃はパティシエにはなりたくなかったそうです。しかし「菓子職人を目指すなら東京に出してやる」という父の一言で「東京に行けるなら、それもいいかな」と当時の思い出を笑って話します。

東京の製菓学校に入学すると、当時の最先端のお菓子作りを目の当たりにし、徐々に魅了されるように。卒業後は都内の専門店やヨーロッパで勉強したのち、作る以外の仕事も経験したいと飲食関係の会社へ。結婚し子供も産まれ、会社でも責任ある立場になった頃、父が他界。葬儀で、白衣を着て職人として棺に入った父の姿を見たとき、店を無くしたくないと強く思い、継ぐことを一大決心しました。

おすすめの商品は先代の頃から人気のブランデーケーキ。こだわりは「キメの細かさ」です。キメの細かい生地にするには、ベースとなるメレンゲの出来が重要。その日の気候や卵白の状態でも泡立ち方は変化するため、これまで培ってきた感覚が大切になります。仕込んだ生地は特注の木型で2時間かけてじっくり焼き、余熱で一晩蒸らします。その後たっぷりとブランデーシロップを馴染ませ、さらに数日寝かせることで、濃厚で口どけの良い上品な味わいとなります。

結婚式の引菓子や帰省客のお土産として利用されることも多く、ふるさと納税の返礼品としても人気の商品です。

「東京と比べ不便なところもあるが、五島は安全で子育てがしやすい」と話す畑中さん。大都会から五島へUターンし、父が残した店と味をこれからも守り続けます。

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 情報推進課 広聴広報班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6369
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

問い合わせ先

菓子舗はたなか
電話番号:0959-86-2146

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?