メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > しま自慢 > しまの魅力発信 > ごとうの極上 > グランピング型宿泊施設「Nordisk Village Goto Islands」

グランピング型宿泊施設「Nordisk Village Goto Islands」

更新日:2019年7月26日

紹介

富江町田尾の豊かな自然に囲まれた宿泊施設「Nordisk Village Goto Islands(ノルディスク ヴィレッジ ゴトウ アイランズ)」。旧田尾学校を改築し、フロントやレストラン、客室などに利用。国内でホテルや旅館などを手がける藤田観光グループとデンマークのアウトドアブランド「ノルディスク」が提携し、アジア初となる北欧式グランピング施設として、2018年9月27日にオープンしました。

コンセプトは「何もしない贅沢」。支配人の坂本直樹さん(56歳)は「とにかく自然の中で癒されてほしい。東京では見ることができない星空に、海の青さ。浜辺で座っているだけでも心が安らぐ」と話します。テントでの宿泊は、常に周りから海や風、自然の音が耳に。夜明けとともに少しずつテント内も明るくなる中、鳥のさえずりで目が覚めます。室内の客室も用意しており、内部は校舎の面影が残っているため、「旧小学校跡地に泊まる」という珍しい体験を楽しむこともできます。

田尾フラットが運営する施設内のレストランでは、五島の食材にこだわった料理を提供。地元の方にも食べてほしいメニューにしており、リーズナブルなランチなども用意。地域に愛されるレストランを目指しています。

若いカップルやご夫婦、家族連れなど、幅広い世代の方が訪れるNordisk Village Goto Islands。ふるさと納税の返礼サービスとしても人気です。

「今後は従業員のアイデアを積極的に採用し、お客様に楽しんでもらえるような企画にチャレンジしていきたい」と話す坂本さん。訪れる方を、快適な空間と田尾の大自然でもてなします。

  • 旧田尾小学校を改築したグランピング施設の画像

    旧田尾小学校を改築したグランピング施設

  • グランピング施設 テントの内部の画像

    グランピング施設 テントの内部

  • 支配人の坂本さん近影の画像

    支配人の坂本さん近影

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 情報推進課 広聴広報班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6369
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

問い合わせ先

Nordisk Village Goto Islands
電話番号:0959-86-3900

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?