メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > しま自慢 > しまの魅力発信 > わたしのイチオシ > 五島での始まりの場所 大浜海岸(平成30年10月掲載)

五島での始まりの場所 大浜海岸(平成30年10月掲載)

更新日:2019年2月18日

  • 大浜海岸でスタンドアップバドルボード(SUP)を体験したみなさんがボードと記念撮影
  • 大浜海岸と大浜の町
  • 大浜海岸の透き通った海と海面に映る人影

海の青さ、広い砂浜で癒やしてくれる大浜

静かなところも魅力だが、もっとたくさんの人に訪れてほしいとも思う

たまたま見ていたテレビアニメで、豊かな自然の中で生活する様子を見て、こんな場所に住んでみたいと思ったのが移住のきっかけです。

調べてみると、舞台が五島市だと分かり、いろいろ調べていく中で知り合った、先輩移住者に相談にのってもらい、とんとん拍子に移住が決まりました。

2017年8月、五島市に初上陸。五島にきて初めて訪れたのが大浜海岸です。

いわばここが私にとって五島での始まりの場所になります。

大浜海岸の海の青さ、広い砂浜を見て、一目で気に入りました。特に早朝は、太陽に照らされ輝く海面がとてもきれいで、心も体も癒されます。今では、1日の半分以上をこの場所で過ごすこともあります。

一方で、こんなキレイな場所なのに人が少ないことにも驚いています。静かで気をつかわず楽しめるという魅力もありますが、不思議というか少し寂しいと感じることもあります。

移住してたくさんの知り合いができました。五島の人は、温かく、人と人とのつながりが強いと感じます。近所の方から親戚の集まりに誘ってもらったり、一緒にバーベ―キューをしたりと、よそ者の私を温かく迎えてくれます。

五島の人は、「五島は何もない」とよく口にしますが、私から見ると、「いろんなことに挑戦できるし、遊ぶ場所もたくさんある」そう思います。大浜海岸もですが、もっともっといろんな場所を訪れて、五島の魅力を感じてほしいと思ったりもします。

文/三浦 翔兵

三浦さんの紹介

まわし姿で相撲をとっている三浦さん

北海道札幌市出身の24歳。住まいは崎山地区。2017年7月に五島市に移住し、マリンスポーツ指導員やカフェ店員、イベント企画、ガイドなどをしながら、充実した五島での生活を送っています。

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 情報推進課 広聴広報班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6369
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?