メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 まるごとう

音声読み上げ

トップページ > しま自慢 > しまの魅力発信 > わたしのイチオシ > じいちゃんとの思い出、海から見る火の岳(令和元年5月掲載)

じいちゃんとの思い出、海から見る火の岳(令和元年5月掲載)

更新日:2019年5月8日

海から見る火の岳

五島には素晴らしい景色がたくさんありますが、海からの眺めは格別。特に好きなのが今回紹介する海から見る火の岳です。

物心ついた頃からじいちゃんに連れられ海に出ていました。今でも店で使う魚を獲っている五島の海は、自分の原点でもあり、じいちゃんとの思い出の場所でもあります。

高校卒業後、料理人になるため関西へ。漁師か料理人になりたいと思っていた自分に、じいちゃんは、「漁師は後からでもなれる。今は料理人になるためがんばれ」そういって背中を押してくれました。

京都や大阪、奈良、滋賀で料理人として腕を磨き、五島に戻ったのは4年前。しばらくゆっくりしたいと思っていましたが、周りからの勧めもあり、福江町にオープンした店が「旬鮮喰間(しゅんせんしょっかん)一登」。

店の自慢は、自分で獲った自信のある魚を使っていること。水産業が盛んな五島でも、自分で獲った魚を使っている店はそんなにないかもしれませんね。

五島に戻って感じるのが、空き家が多くなったり、外で遊ぶ子ども少なくなったりと、昔と比べて活気がなくなったこと。

一方で、変わらないのが、人情味があることと魚のうまさ。五島で食べる新鮮な魚は別格で、ここでしか食べられない味があります。有名な店でも料理長を務めさせてもらいましたが、どんなに腕がよくても、素材の違いはどうにもならない。五島の人は贅沢ですね。

大好きな五島の海とじいちゃん。今の自分があるのは、そのおかげです。

文/山内 一敏

山内さんの紹介

山内一敏さん近影

崎山在住の48歳。高校卒業後、関西で名店の料理長を務めるなど料理人として活躍し、4年前にUターン。現在、島のうまい魚が楽しめる「旬鮮喰間 一登」を営んでいる。

このページに関する問い合わせ先

総務企画部 情報推進課 広聴広報班

郵便番号:853-8501
長崎県五島市福江町1番1号(本庁舎)

直通電話:0959-72-6369
ファクス番号:0959-74-1994(代表)

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページは探しやすかったですか?