メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
五島市 職員採用サイト

トップページ > 五島市役所で働く

五島市役所で働く

更新日:2021年5月13日

五島市は離島の小さな自治体ですが、五島市役所には非常勤職員を含めると約900人が働いています。正規職員は毎年20人から30人ほどが新たに採用されており、近年は島外での社会人経験のある五島市出身者(Uターン)や五島市出身者以外(Iターン)の採用が増加しています。

新規採用職員が五島市役所を受験した理由は、「地元に貢献したかった」「人の役に立つ仕事がしてみたい」「公務員になりたかった」「自然豊かな場所で働きたかった」など様々です。五島市役所では、新卒者はもちろん、島外での社会人としての経験(資格や能力)を活かすことが出来る人材も求めています。

五島市人材育成基本方針において、「五島市職員のあるべき姿」が定められていますが、もちろん最初からすべての項目ができる職員はいません。五島市職員は、この目指すべき職員像に近づくよう日々の業務を行い、自己研鑽に努めなければなりません。

五島市に限らず全国の自治体は、人口減少対策という大きな課題を抱えています。持続可能な社会・経済活動を維持するための課題に立ち向かい、本気で取り組むことができる熱意と能力を持つ職員が求められています。また、勤務時間外(遊び)においても、五島市の魅力を発見・発信することも重要な役割となります。

五島市役所では、入庁後10年間程度はジョブローテーションを行い3年前後で職場を異動することとなります。人事異動においては、「この業務を担当したい」「政策的な業務を経験したい」「国や県へ研修に行き勉強したい」など、小規模な自治体であるため、一人一人の職員の希望に配慮した細やかな対応が可能となります。

仕事内容の紹介

市役所の職員は、住民票の手続きや納税、介護福祉などの市民の方と接する窓口業務のほかにも、さまざまな業務を行っています。その中でも、五島市で特徴のあるお仕事を紹介します。