コンテンツにジャンプ
五島市移住定住促進サイト五島やけんよか

中村航大さん

更新日:2020年7月31日

中村さん(戸岐大橋の付近)

2019年に五島市へUターンした中村さんに、UターンしたきっかけやUターン後の金銭面での変化などについて、お話を伺いました。
(取材:ライターグループfumoto)

五島市にUターンしたきっかけは?

愛知県に就職が決まり、高校を卒業して島を出ることになりましたが、五島市にはいつか戻ろうと思っていました。連休には帰省することが多く、地元の友達や仲間と飲み会をしているときに「五島に帰りたい」と話していると、今の会社に誘ってもらい、8年務めた会社を辞めて五島市に帰ってきました。

Uターン後の生活スタイル

愛知では寮生活でしたが、五島市ではひとり暮らしをしたいと思い、会社の借家に住んでいます。以前は夜勤の仕事もありましたが、今は7時頃~18時頃までの勤務で決まった時間に仕事が終わるので、生活のリズムは良くなり身体も楽になりました。

今までは工場での点検作業で、同じことを繰り返す仕事でしたが、今は海運会社に勤めています。乗船されるお客様に対応する接客や機関部業務など仕事の幅が広いので、いろんな事を覚えるのが大変です。

同じようにUターンした友達や、五島市に残って仕事をしている友達と遊んだり、飲みに行ったりすると、新しいつながりができるのは嬉しいですね。

Uターンまでに苦労したこと

愛知から五島市までの引っ越しの際にすべての業者に断られ、捨てるものは捨てて、必要なものは宅配便で送りました。車も持ってきたので、積めるものは積んで帰ってきましたが、手続き関係や引っ越しが一番苦労しました。移住者のみなさんも引っ越しは苦労してると思います。

Uターンしてから努力したこと

イベントや行事には顔を出すようにしています。中学時代のバレー部や、地域の集まりなど、とにかく今は顔を覚えてもらおうと思っています。 

また、新しい仕事内容を覚えるのが大変です。
自分を知ってもらうこともそうですが、お客様の顔と名前を覚えるのも頑張っています。

よく利用される方を名前で呼べるようになりたいと思っています。 

中村さんの仕事風景

金銭面の変化(収入減・支出減など)

収入は半分くらいにはなりましたが、それでも生活はできる状態です。 買い物に行ったりすることは減りましたが、飲み会は増えたような気がします。

なので、支出は余り変わっていないかも。パチンコなどはしないので、マイナスになることはないです。近所の方や知り合いに食べ物をもらうこともあり、助かっています。

移住希望者へのメッセージ

自分は五島市出身で、友達もいるので、島に帰ること自体に不安はなかったですが、Iターンの方達はすごいなぁと思います。それほど五島市を気に入ってもらえて、島に人が増えるのは嬉しいことです。
自分が8年前に島を出た時と比べて大きな変化は感じませんが、道路が整備されていたり、ホテルが増えていたりと、人が五島市に来やすい環境にはなったと思います。
でも、大きく変わっていないことこそが、五島市の良いところだと思います。
自分はまだまだですが、いつか子育てをするとしたら五島市がいいと思っています。五島市は、子育てを考えている方にはいい場所なのではないかと思います。