コンテンツにジャンプ
五島市移住定住促進サイト五島やけんよか
移住相談はこちら

大場真之介さん

更新日:2022年08月09日

大場さんトップ.jpg

2022年に東京都から五島市へIターンした大場真之介さんに、Iターンしたきっかけや移住後の生活の変化などについて、お話を伺いました。
(取材:ライターグループfumoto)

五島市にIターンしたきっかけは?

コロナ禍での在宅ワーク、長女誕生などをきっかけに、将来のために生活を見直すことにしました。
大学時代からライフセービングをしていて海が身近だったこともあり、離島への移住を決意。様々な離島に行ってみた結果、海がきれいで緑あふれる山があり、他の離島に比べて交通の便もよかった五島市を移住先に選びました。

Iターン後の生活スタイル

基本的に自宅で仕事をしています。移住後は、家族との時間が増え、人間らしい生活ができていると思えるようになりました。
「夕日を見に行ってみようか」と海まで車を走らせたり、旬の食材を食べたり、蛍を見に行ったり。妻も、2歳の娘の子育てを一緒にできることを喜んでくれています。

大場さん仕事風景.jpg

Iターンまでに苦労したこと

コロナ禍で五島市に物件を見に来られず、住む家の確保に苦労しました。
家は、空き家バンクで見つけた一軒家を購入してリフォームしています。その間、短期滞在住宅を利用し、一軒家に引っ越しましたが、リフォームが少し長引いたため一時的に民宿に滞在したことが大変でした。でも、家のご近所の方々が様々な形で支援してくださり、本当に助かりました。

Iターンしてから努力したこと

DIYで洗面所を作るなど、自宅の仕事環境を整えています。デジタルマーケティングという職業柄、インターネット環境が命綱です。詳しくプロバイダー等を調べて、三井楽にいても東京時代と同じように仕事ができるようになりました。

金銭面の変化(収入源、支出など)

メーカーの会社に在籍したまま五島市で仕事をしているため、収入は変わりません。妻は移住前から客室乗務員の仕事をしており、移住後は勤務日数を減らしたため収入は半減しました。でも、東京の3分の1程度の値段で野菜が買えるなど、日々の支出はかなり抑えられています。

移住希望者へメッセージ

人生は一度きりです。移住したいと少しでも思ったら、チャレンジするとよいと思います。もちろん、どんな決断にもリスクは伴います。でも、五島市では何か困ったことがあっても、誰かに相談すれば必ず助けてくれます。思い切って決断してみてはいかがでしょうか。