コンテンツにジャンプ
五島市移住定住促進サイト五島やけんよか

空き家リフォーム助成

更新日:2019年9月12日

空き家活用促進事業補助金について

空き家に悩むおじいさんのイラスト

五島市には、移住希望者や市民へ空き家の情報を提供する「五島市空き家バンク制度」があります。

「五島市空き家活用促進事業補助金」で、空き家バンクへ登録された物件の改修等に要する経費の一部を助成します。

対象物件

居住を目的に建築された戸建て住宅であって、五島市空き家バンクへ登録されたもの。

対象者

(1)UIターン者で下記の要件を満たす方

  • 転入日から1年を経過していない転入者
  • これから転入しようとしていて、本補助金の実績報告書を提出する日までに転入の手続きを完了する方
  • 本補助金の交付を受けてから10年以上、その物件へ居住しようとする方

(2)新婚家庭で下記の要件を満たすもの

  • 婚姻後3年以内で、共に40歳未満の夫婦
  • 本補助金の実績報告書を提出する日までに婚姻する男女で、共に40歳未満の方
  • 本補助金の交付を受けてから10年以上、その物件へ居住しようとする方

(3)空き家の所有者で下記の要件を満たすもの

  • UIターン者及び新婚家庭に空き家を賃貸しようとする方、または賃貸した日から1年を経過していないもの
    (注:売却する場合は対象外)
  • 補助金の交付を受けてから10年以上空き家バンクへ物件登録するものまたはUIターン者及び新婚家庭へ賃貸するもの

注:上記(1)UIターン者(2)新婚家庭及び(3)空き家の所有者で、3親等以内の親族間において、貸借契約を締結する場合は補助対象外となります。

対象工事

  1. 台所、浴室、便所、洗面所、内装、屋根、外壁、設備等の改修(併用住宅にあっては、居住の用に供する部分に限る。)
  2. 不要物の撤去及び運搬

注:次のいずれかに該当する工事等は補助対象外

  • 市内に事業所を有する個人事業主又は市内に本店若しくは事業所を有する法人(県内に本店を有する法人に限る。)以外の者が行う工事等
  • 補助金の交付の決定の通知を受ける前に着手した工事等
  • 補助金を交付申請する日の属する市の会計年度の3月31日までに完了することができない工事等

補助額

  • 補助対象経費の2分の1以内の額(1,000円未満の端数は切り捨て)
  • 空き家の改修1件当たり上限100万円

注:工事等に要する経費が10万円未満の場合を除く。
予算がなくなり次第、終了します。

申請書類

  1. 事業実施計画書(様式第1号)(PDF:73KB)
  2. 承諾書(様式第2号)(PDF:31KB)
  3. 誓約書(様式第2号の2)(PDF:31KB)
  4. 空き家の売買契約書又は賃貸借契約書の写し
  5. 住民票の写し
  6. 新婚家庭の夫婦であることが確認できる戸籍謄本等(婚姻前の男女を除く。)
  7. 市税を滞納していないことを証する書類
  8. 補助金により改修する空き家の所有者を確認できる書類(登記事項証明書又は固定資産税評価証明書)
  9. 工事見積書の写し
  10. 工事予定箇所の写真
  11. 暴力団排除に関する誓約書(PDF:9KB)
    暴力団排除に関する誓約書(WORD:19KB)
    注:暴力団排除に関する誓約書の記入例(PDF:14KB)
  12. 通帳表紙裏面(銀行名や支店名、口座番号などが記載された面)の写し

注:2、4、5については、申請者が要綱第3条第1号に規定する者に限る。
注:6については、申請者が新婚家庭の夫婦である場合に限る。
注:五島市補助金交付規則第5条の2の規定により、暴力団、暴力団員、社会的非難者に該当する方へは補助金の交付決定ができません。

マイホーム購入をお考えの皆様へ

消費税率10%引上げ後も住宅取得を国土交通省が支援します!
最大50万円(消費税率10%時)が受け取れる

すまい給付金チラシ

すまい給付金お問合せ窓口

0570-064-186 注:ナビダイヤル(通話料がかかります)
(受付時間9時から17時 注:土曜日・日曜日・祝日含む)

AbobeReaderのダウンロードページへのリンク

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。